MENU




がんセンターの看護師募集情報・給与・年収・夜勤手当・福利厚生情報など。看護師ががんセンターで就職するメリットデメリットほか、中途採用情報や非公開求人の探し方など

 

 

 

がんセンターとは

 

がんの診断と治療は大変複雑で多くの労力が必要です。がん患者さんのがんの種類やがんの広がりの程度や状況によって診断方法や治療方法が異なるからです。

がんセンターは、各患者さんに最適な治療方法を実施するために必要とされる診断医、外科医、放射線腫瘍医、腫瘍内科医、緩和ケア医など多種多様ながん診療専門医が効果的に治療する場にしなければいけません。

 

 

また、がん患者の看護を専門とする看護師や抗がん剤、放射線治療についての専門知識を有する薬剤師、放射線技師にの協力があって初めて効果的で安全ながん治療が可能となるのでがんセンターは多職種がん専門医療人
育成に力を入れているところが多いです。

がん化学療法は新しい薬剤の開発や薬理作用の解析により、急速な進歩を遂げており、抗がん剤の特性や投与法、副作用について専門的知識が必要となっています。

 

内科、外科の点滴ルームなどで行われていた外来における抗がん剤治療も専門的な知識を有する医療スタッフ(医師、看護師、薬剤師、臨床心理士)によるチーム医療が必要とです。

 


 

⇒あなたの近くのがんセンターの年収・待遇・募集要項を調べる